ニキビのコンプレックスがニキビ用の洗顔で解決!

ニキビがコンプレックスだったのですが、ニキビ用の洗顔で解決したのでその経験をお話してまいります。ニキビのコンプレックスがニキビ用の洗顔で解決!どんどん見てまいりましょう!

 

ニキビがコンプレックスでした…

中学生のころは顔(おでこ中心)にニキビがたくさんあり、人に見られるのが嫌で、髪の毛で隠したりして、人目につかないように過ごしていた時期がありました。現在は、当時あったニキビも、ニキビ跡もほとんどなくあの頃が嘘のようになりました。

しかし、現在も悩みがあり、普段二重ですが調子が悪いと奥二重になり、別人のようになり、普段の二重の時の顔よりもブサイクになります。学生の頃は、家から出ない日がほとんどでしたが、社会人となり行きたくなくても外に出なければなりません。そんな時は、お助けアイテムを使っていました。

 

ニキビのコンプレックスがニキビ用の洗顔で解決!

中学生の頃に悩んでいたニキビは、しっかりと洗顔をすることであっという間に消えて行きました。中学生の頃は皮脂も多く分泌されていたので、母親の勧めでニキビ用の洗顔を使っていました。また、合わせて保湿化粧水も付けていました。(化粧水は当時母親が使っていたものを借りていたので、名前がわからず書けませんでした。)

二重については、朝奥二重になるようなことだったら、アイプチを使っていました。アイプチの種類は特に決まっていませんでしたが、ノリの塗り方には注意していました。もともとが二重のため、いつも線があるところをまず把握し、全体的にノリを塗るのではなく、目の立て幅が一番大きくなる場所に短い長さで2か所ノリを付けて二重にしていました。そうすることで、目を閉じたときもノリの感じが見えにくく、ナチュラルな仕上がりになります。

 

ニキビ用の洗顔をこう愛用しました!

ニキビに関しては約3カ月ほどで気にならなくなったので、このくらいの期間、ニキビ用の洗顔を使用していました。洗顔の数だと2本~3本です。

二重に関しては、もとの二重に戻るまで使い続けるようにしていますが、毎回使い続ける日数が異なります。早くて1日で使わなくなる時もありますが、長い時だと1週間ほど使っています。奥二重になる周期が、自分ではいまいちわからないため、どうしてもアイプチが余ってしまったり、劣化の心配も出てきますが、気分転換につけまつげを付けるときのノリとしても使っています。つけまつげにもノリが一緒に入っていると思いますが、粘着力や肌への優しさを考えてアイプチを使っているため、劣化等の心配はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です