ザ・日本人顔のコンプレックスがシェーディングとハイライトで解決!

ザ・日本人な顔がコンプレックスで、外国人のようなはっきりした顔立ちに憧れます。そのコンプレックスをシェーディングとハイライトで解決できたので、そのやり方をお伝えしてまいります!

ザ・日本人顔のコンプレックスがシェーディングとハイライトで解決!どんどん見てまいりましょう!

 

ザ・日本人顔がコンプレックス…

私はいかにも日本人、というようなのっぺりとした地味顔で、いつも外国人のようなメリハリのあるハッキリした顔立ちに憧れています。

具体的な顔のコンプレックスは
・鼻が低く、団子っ鼻であること
・エラが張っていること
・全体的に平安美人的な顔である(凹凸が無く、のっぺりとしていてメリハリがない)こと
・表情が固いこと
・全てのパーツの主張が少なく全体的に見ても地味な顔であること
・青グマがひどいこと
です。

私がこのコンプレックスを隠すために最近ずっと使っているメイクグッズは、ハイライトとシェーディングのスティックやパウダーです。

 

ザ・日本人顔のコンプレックスがシェーディングとハイライトで解決!

初心者でも入れる場所さえ覚えれば簡単に使えること
流行りのツヤ肌が簡単に手に入ること
その2つだけ加えればどんなにアイメイクにこだわるよりも顔の印象を変えられること
これを入れれば大人の女性らしい顔に近づけること。これをしている人としていない人ではメイクの慣れ感が違いますし、していない人の顔はのっぺり見えて仕方ありません。

私のコンプレックスを交えると
目の下にハイライトを入れるとガンコなクマが消えること
小鼻をシェーディングすると団子っ鼻ではなくなり小さな鼻に見えること
頬にシェーディングを入れると頬骨や表情筋がしっかりしているように見え、表情も柔らかく見えること
エラを隠すようにシェーディングするとシャープな顎ラインができること
です。

とにかく日本人らしい顔から脱却するにはこの2つか必須だと思います。
ただファンデーション等を塗るだけのベースメイクではなく、今は顔に光と影を描き足すのもベースのうちです。

 

シェーディングとハイライトで愛用している方法

顔のパーツによって使っているハイライト、シェーディングが違いますが
鼻用のハイライト→1年間で2回買い替え
頬用のハイライト→1年間で2買い替え
鼻用のシェーディング→1年間で2回買い替え
頬、生え際用のシェーディング→1年間で4回買い替え
期間は短いですがこれからもどんどんリピートするつもりです。

スティックタイプのものはファンデーション等のベースメイクの時に仕込み、パウダータイプのものはお直しの時に使います。

鼻用ハイライト→エチュードハウスプレイ101スティック#10
鼻用シェーディング→KATEデザイニングアイブロウex-5
頬用ハイライト→Maquillage?ドラマティックムードヴェール
頬用シェーディング→MAYBELLINEフェイスステュディオ Vフェイス デュオスティック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です